ストラムかおり
ニューヨーク州認定心理カウンセラー(LMHC #001905)

2001年ニューヨーク大学(NYU)大学院にてカウンセリング修士課程修了。
以降、非営利団体、メンタルヘルスクリニック、大学カウンセリングオフィス、トラウマカウンセリングセンターにて勤務。
2012年個人開業。大学生から大人までを対象に、人間関係、不安、パニック、うつ、DVや虐待のトラウマ、PTSD、ストレスマネジメントを専門とする。
2016年現在のオフィスに移転。

カウンセリングの仕事の一方で、若かかりし頃行っていたヨガにニューヨークにて「再会」。
9.11テロ事件で心身への影響を受け、その回復過程において、ヨガのもたらす心身への多大な効果を体感する。以降、継続的なプラクティスを行うことで、ヨガのアサナ、呼吸法、瞑想は日々の生活で欠かせないライフワークとなる。

同時に、その素晴らしさをいろいろな人たちにも体験してもらいたいと思うとともに、ココロとカラダをつなぐワークを臨床においていかに活用するかというテーマに興味を抱く。様々な学びを継続し、その手法を模索する中、その重要な結び目を「今、ここにある」状態を見つめ、あるがままに受け入れていく姿勢(=マインドフルネス)に見出し、現在の臨床、クラス、そしてパーソナルな部分においても大きな拠り所としている。

現在、個人カウンセリング・サイコセラピーおよび、マインドフルネス、ヨガ、瞑想など組み合わせたココロとカラダのセルフケア・クラスをマンハッタンにて提供。また、ウエストチェスターにおいてはヨガクラスを開催。

自身も二児の母であり、生活にマインドフルネス、セルフコンパッション(自分への思いやり)を取り入れることの必要性、そして自分と向き合う時間を持つことの大切さを実感するとともに、少しずつでもプラクティスを継続中。

思うようにいかない時こそ、「自分にやさしくする」ことが欠かせず、それこそが自身と周囲の人々への栄養となることを感じる今日この頃。

同時に、異文化で暮らす日本人、子育中のお母さん方、都会の忙しい生活に追われる方々に、いかに日常にマインドフルネスやセルフコンパッションを活用し、穏やかに生活するための「体験・体感」に重きを置いたサービスを提供することに熱意を持って取り組んでいる。

ご質問、ご要望はお気軽にご連絡ください。

t  917-484-1807

e  kaoristram@gmail.com